保存食づくりでお家時間を楽しむ

お出かけできない時間もポジティブに楽しもうと、去年から保存食品づくりに取り組み始めました。この季節なら、よもぎ摘み、自家製のお茶つくり、晩柑のピールづくりと、作った後のお茶タイムの楽しみがまっているので手間のかかる作業も頑張れます。摘んだよもぎは炭酸でゆでて冷凍にしておいてよもぎ餅に、お茶は摘んだ後蒸して陰で乾かし最後は炒ってほうじ茶の出来上がりです。
晩柑のピールは皮を刻んで一晩水に放ってあく抜きをした後、3回ゆでてからお砂糖を加えて煮詰め覚まし、また、煮詰めて冷めたら風通しの良いところでひたすら乾かします。好みの乾き具合に仕上げたら、最後はグラニュー糖をまぶして仕上げ保存便に詰めます。近年できていなかったピクルスづくりも今年は再開したいと考えています。楽しく手間をかけて健康的な保存食を作って楽しむのは、なかなか贅沢な時間です。ぜひ、お試しください。