個別教室のトライに通わせようか悩み中

小学生を学校以外の場所で勉強させるのは難しいことかもしれませんが、
そのうちどんどん分からないが積み重なって、いまさら焦っても手遅れです。
中学受験を目指さないお宅でも、ぜひ塾などの選択肢に目を向けてみませんか。
あまり教育費の予算が割けないとしても、週1コマ・2コマ程度でも、全然意味があると思います。
集団学ぶ塾として、学研教室・栄光ゼミナール・SAPIX小学部に加え、地域の個人の塾も対象になります。
集団塾が苦手な場合、明光義塾や個別教室のトライといった個別指導塾に通わせるのもおすすめです。
塾に通わせるのは大変という場合、自分で取り組めるお子様には、Z会や進研ゼミ、まなびwith、がんばる舎などの通信教育をおすすめします。
お子様が中学生になった際には、次のステップである高校受験の対策として進学塾を検討される方も多いでしょう。
高校受験のみが目的ならば、わざわざ進学塾を選ばなくてもいいかも知れませんが、
大学進学を目指すようであれば、今後のために少しでも偏差値の高い進学校を選ぶことで、
大学を受験するための基礎を身に付けるために塾に行くのです。
目標とする大学・将来があるならそれに向けて、塾に通信教育・予備校と組み合わせて考えてみましょう。
高校受験対策の中学生向き塾として、東進や栄光ゼミナール、早稲田アカデミー、高校受験STEPなどが人気です。
集団が苦手で集中したいお子さんには、個別指導塾のトーマス、明光義塾などがあうと思います。
コロナの影響により、塾への通学をためらう親御さんも増加傾向であり、
親がテレワークをするように、塾も通信教育に力を入れているところが多くなっています。
Z会・スマイルゼミ・進研ゼミなどは以前から通信教育を行っており、その点も高校受験対策を通信教育で、という考えの家庭には安心出来る要素です。
スマイルゼミの、オススメポイントは、AIを取り入れて、子供の進捗情報や理解力判定を管理している所にありまして
お子さんの学校名を選択すると、その学校で使われている教科書の問題が選択される等のオーダーメイド式の学習ができます。
Z会は、偏差値が高い高校受験対策として信頼が厚い教材です。進研ゼミは歴史ある教材なので、安心感と取り組み安さがあります。
塾・通信教育といっても各社特色がありますので、お子様の目的やタイプによって最適な所をじっくり検討されるとよいでしょう。
個別教室のトライ