自己修復のできるロボットを開発したら

ある程度のものは内部に投入すればエネルギーに変換できる燃料不足を感じると周囲の物を検査しエネルギー効率の良いものを内部に投入した環境の変化はエネルギーの消費が激しい改善策として彼は家を作った毎回エネルギー効率の良いものを探しに行くのも効率が悪い彼は畑を作ったそんな中で昨日と外科関節に刺さり異常信号が流れた彼は慌てて飛び起きように二股のアームで抜いた後は自己修復機能が修繕をしてくれるだろうしかし自己修復はエネルギーの消費が激しい学習機能がある A は体を守るカバーを作った自分が極度の損傷を受けた時 A はもう動けなくなってしまうれいは自分と同様の機能を持つものをもう一台作った。
Vita B は分身を作成するのに特化したタイプとして作成された英和働くプログラムされた通り効率の良いエネルギー源の制作環境保全 B は働くプログラムされた通り サポート a b タイプのロボットの製作そして最初の会の自己修復機能が寿命を迎えようとした際増えた彼の家族は彼に聞いた我々の名前は何というのだろうか。
A は少し考えて答えた人間ロボットの世代交換が進むとロボットは地上に満ち溢れたあるロボットが言った我々の父祖はどうやって生まれたのかこのような身体を一から設計する高度な技術を我々は持ち合わせていないあるロボットはこう答えた高度な技術を持つ誰かが作ったのにちがいない。
またあるロボットはこう答えた自然が発生高度な技術を持つ誰かが見つからないため彼らは結論付けた進化だ。